不妊治療

FERTILITY TREATMENT

スクリーニング検査について

月経周期に合わせた検査を行うため、数回の来院が必要になります。 不妊スクリーニング検査中にもタイミング法を行えます。ご来院された日より可能な検査から行なっていきましょう。保険診療となります。

月経2日目から5日目の検査

基礎ホルモン検査
血液検査にて各種ホルモンの基礎値を測定します。

月経終了後

子宮卵管造影検査
卵管の通過性を見る検査です。
子宮の入り口から管を入れて、造影剤を流し込むことで、子宮の形態や両側の卵管の通り、卵管からお腹の中への拡がりを見るための検査です。
(卵管造影検査前のクラミジア検査が陽性で、治療が必要な場合は延期となります。) 卵管の通過性を見る検査です。

排卵の時期

超音波検査
卵胞の大きさや子宮内膜の観察を目的とします。
卵胞の発育状況によっては数回の来院が必要になることもありますが、保険診療では回数に限りがあるため、自費診療で超音波検査を行う場合があります。

尿中LH検査
排卵の時期を推定するために尿中LHを簡易測定キットを用いて検出します。

ヒューナーテスト(性交後検査)
検査当日の早朝または前日の夜遅くに性交をしていただき検査します。性交後12時間以内までは検査可能です。頸管粘液を採取し、子宮頸管(子宮口)の中に精子が進入できているかを判定します。

排卵後

超音波検査
卵胞のサイズや子宮内膜の厚さを検査し排卵の有無を確認します。

高温期

血液検査
P4(プロゲステロン:黄体ホルモン)とE2(エストラジオール:卵胞ホルモン)は排卵した後に形成される黄体から分泌され、 子宮内膜の性状を変化させて胚が着床しやすい環境にする作用があります。
これらの値により、黄体機能を評価することができます。

その他の検査

不妊治療をしていく上で、当院では必要な検査と考えています。健康診断などで検査結果をお持ちの場合はご持参ください。省略できます。

AMH(抗ミューラー管ホルモン)測定(6,000円)
卵巣に残されている卵子の数を反映するホルモンです。卵巣の予備能を判断する目安となります。

甲状腺機能検査(4,500円)
甲状腺ホルモンは高くても低くても不妊症、不育症の原因になる可能性があります。異常がある場合は甲状腺専門病院を受診していただきます。

クラミジア抗原検査(3,000円)
卵管造影検査を行う際のクラミジア感染の有無を診ます。

感染症検査(7,000円)
医療スタッフや患者様の安全のために必要な院内感染予防のための検査です。血液検査で梅毒、B型肝炎、C型肝炎、HIVなどを調べます。

抗精子抗体(6,000円)
抗精子抗体は夫婦生活によって生殖器官が精子にさらされたことによって発生し、精子の通り道である頸管粘液にあると抗体と精子が結びつき、精子を不動化させてしまいます。 治療として人工授精や体外受精・顕微授精を行います。

ビタミンD(3,500円)
ビタミンD不足は卵の個数や質の低下、着床率の低下や流産にも関連するといわれています。25OHビタミンD濃度が30ng/mL未満の場合、 ビタミン濃度が30~50ng/mLとなるようにビタミンDサプリメント(1000~5000IU/日)を補うことをお勧めします。

風疹抗体測定(2,000円)
妊娠中の女性が感染すると赤ちゃんに先天性風疹症候群を起こすことがあります。 検査結果によってはワクチン接種をお勧めします。ただし生ワクチンのため2ヶ月の避妊が必要となります。

子宮頸部細胞診(3,500円)
子宮頸部のがん検診です。検査歴のある方はお申し出ください。

子宮鏡検査(10,000円)-必要な方のみ
超音波検査で子宮内のポリープや子宮筋腫が疑われた場合に行う検査です。子宮内にカメラを挿入し病変を調べます。

耐糖能検査(2,580円)―必要な方のみ
多嚢胞性卵巣症候群や肥満のある方はインスリン抵抗性が合併している可能性があります。このインスリン抵抗性によって排卵障害が起こることがあります。

*保険診療と自費診療を同時に行う事は禁止されています。1項目でも自費診療の項目がありますと、単独では保険適応となる部分もすべて自費診療となります。そのため診療日を分けてご来院いただく場合もあります。
※上記はすべて税別です。

男性の検査

精液検査(自費検査 3,000円)
精液量、精子濃度、精子運動率、奇形率、白血球数を調べる検査です。
検査をする際は3日から7日の禁欲期間が必要です。
検査結果によっては人工授精や体外受精・顕微授精などの治療が必要となります。

感染症検査(自費検査 7,000円)
医療スタッフや患者様の安全のために必要な院内感染予防のための検査です。
血液検査で梅毒、B型肝炎、C型肝炎、HIVなどを調べます。

ホルモン検査(保険診療 約2,000円)―必要な方のみ
精子の造精機能をみるホルモン検査(LH, FSH, PRL, テストステロン)です。
精液検査に異常があった場合に調べます。

※上記はすべて税別です。

西船橋こやまウィメンズクリニック

千葉県船橋市印内町638-1
Tel.047-495-2050
西船橋駅南口徒歩3分

診療
時間
日・
祝日
9:30〜
13:00
15:00〜
20:00
- -  

【休診】水曜午後・金曜午後・日祝午後
【△】土曜午後 15:00〜18:00
※当院はお子様連れでの来院はご遠慮くださいますようお願いいたします。