体外受精説明会はこちら

不妊治療

FERTILITY TREATMENT

不妊症とは

「不妊症」とは、妊娠を望む健康な男女が、避妊をしないで性交渉をしているにもかかわらず、1年間妊娠しない状態のことを言います。 ただし、すでに子宮や卵巣の病気をお持ちの方、また35歳以上の方は1年を待たずに不妊検査・治療を行ったほうが良い場合もありますので、 まずはご相談にいらっしゃってください。
当院はタイミング療法や人工授精などの一般不妊治療から、体外受精・顕微授精、そして凍結融解胚移植などの高度生殖補助医療を行う生殖医療専門のクリニックです。お一人お一人にあった最適な不妊治療をご提案させていただきます。

診療の流れ

不妊スクリーニング検査

女性

・基礎ホルモン検査
・超音波検査
・卵管造影検査
・ヒューナー検査(性交後検査)
・高温期採血
・血液検査(抗精子抗体、ビタミンD濃度、抗ミュラー管ホルモン、感染症、甲状腺機能)

男性

・精液検査
・感染症検査
・ホルモン検査(必要な方のみ)

*保険診療の適応となる項目と自費診療の項目があります。ご夫婦の状態によっても変わりますのでご相談ください。
*不妊症以外の方もご希望の方には妊活ドック(自費診療)として行うことも可能です。
*船橋市の方は一般不妊検査、治療に助成金が支給されます。詳しくはこちらをご覧ください。船橋市以外の地域にお住いの方はお住いの市町村を管轄する保健所または市町村役場へお問い合わせください。

詳細はこちら

タイミング療法

不妊スクリーニング検査で男性、女性とも問題がないカップルは、排卵日に性交渉を持っていただくタイミング療法から行います。
超音波検査と尿中LH検査により排卵日を予測しますので、より正確にタイミングを合わせることができます。

詳細はこちら

人工授精

人工授精とは、洗浄・濃縮した精子を子宮の中に注入する治療法です。
人工授精をお勧めする患者さんは①軽度の男性不妊がある場合②ヒューナー検査で子宮の入り口に運動している精子が見られなかった場合③精子を動かなくしてしまう抗体を女性がたくさん持っている場合④性交障害がある場合⑤タイミング法を何回行っても妊娠しない場合です。タイミング法との違いは、精子が腟の中に入るか、直接子宮の中に入るかという点です。精子を子宮内に注入するという点は通常の性行為とは異なりますが、 受精と着床のプロセスは自然妊娠と同じです。

詳細はこちら

体外受精・顕微授精

体外受精とは排卵前の卵子を体外に取り出し、体外で精子と受精させ、分割した受精卵を子宮内に戻す治療です。
体外受精をお勧めする患者さんは①卵管造影検査などで卵管の異常が考えられる場合、②精子の数が極端に少ない場合です。また不妊スクリーニング検査で異常がないのに一定期間妊娠されていないカップルには卵管のピックアップ障害や受精の問題が考えられるため、体外受精をお勧めします。

詳細はこちら

西船橋こやまウィメンズクリニック

千葉県船橋市印内町638-1
Tel.047-495-2050
西船橋駅南口徒歩3分

診療
時間
日・
祝日
9:30〜
13:00
15:00〜
20:00
- -  

【休診】水曜・金曜午後・日祝午後
【△】9:30〜14:00
【※】当院指示の検査・処置のみ
※お子様連れでの来院はご遠慮くださいますようお願いいたします。